MENU

自動車保険のリスク細分型

最近の自動車保険にはリスク細分型の自動車保険というのが出てきましたがご存知でしょうか?今までの自動車保険の場合には乗る人に合わせてリスクを考えることができず、誰でも同じリスクのもとで自動車保険の加入ということになっていました。自動車保険のリスク細分型というのは、運転する人の年齢や、車の車種、何に使っているのか、年間の走行距離などから、年間の事故にあう確率、危険度、つまりリスクを考えて保険料を決めていきます。これが自動車保険のリスク細分型と呼ばれているものです。こまかい点までリスクを分けることで自動車保険料を安くることができるとうこともあって、今自動車保険会社の中ではこのリスク細分型の保険がとても人気です。

 

自動車保険を選ぶときにはリスク細分型の保険を選ぶようにするといいかもしれませんね。そうすれば、自分のライフスタイルに合わせて自動車保険を選ぶことができますし、保険料を節約できるかもしれません。自動車保険のリスク細分型では年齢、性別、運転歴と使用目的、使用状況や場所、車種、安全装置の種類、所有している車の数によって分けられていますから自分のライフスタイルを自動車保険加入時に申し出ることで自動車保険料が安くなります。

 

自動車保険と年齢

 

自動車保険というのは年齢によって割引があるのですがご存知でしたでしょうか?もしかして知らずに自動車保険に加入しているとう場合には、自動車保険の年齢の割引が適応になっていないので損をしているということもあります。たとえば自動車保険に加入している車に乗る人が30歳以上の人だけだった場合には30歳以上限定で30歳未満不担保という自動車保険に加入していれば自動車保険の保険料が安くなります。しかしこの場合にはその車に30歳未満の人が自動車に乗って事故などを起こした際には自動車保険の保険は適応になりませんから注意しましょう。

 

このような自動車保険の年齢割引というのは20歳未満不担保から始まって、26歳未満不担保、30歳未満不担保と続きます。自動車保険の年齢を指定しない全年齢担保というものもありますが、こちらは何歳の人が乗っても自動車保険が適応になるということになります。自動車保険料を少しでも安くしたいと思っている人は自動車保険の年齢について条件を指定することで安くなります。年齢の割引は最大が30歳未満不担保というところで30歳以上の人がいちばん割引になることになります。自動車保険に加入している人は運転者の年齢にも注意しないといけませんね。

 

自動車保険の三井住友海上

自動車保険の三井住友海上を紹介していきたいと思いますが、自動車保険の三井住友海上の特徴としては、なんといっても、国内の営業所や代理店の多さが自動車保険会社の特徴の一つではないでしょうか。自動車保険の三井住友海上ではMOSTという種類の自動車保険があるのですが、ゴールド免許割引もあり、年齢条件などもとてもわかりやすき設定されています。しかも年齢条件の設定は普通の自動車保険では、家族に貸すことができなくなるという不便さがありましたが、家族に貸したり家族以外の人に車を化した場合には、三井住友海上の自動車保険は、年齢無制限に保障が変わるというのもうれしいことですね。

 

ですから普段は一緒に住んでいない子供たちが帰ってきた際にも車を使うことができるという自動車保険なので便利だと思います。自動車保険の補償内容の充実はもちろんのこと、何かトラブルが起きた時やドライブサポートサービスも充実していますから、三井住友海上の自動車保険は加入している人にとって色々とメリットやサービスがたくさんある自動車保険ということになります。自動車保険の三井住友海上は日本の自動車保険会社の中でも経験や実績から信頼が高い自動車保険会社の一つです。